読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【解説】荒井英治郎「47都道府県 注目の教育課題(長野県)」『教職研修』2016年11月号,127頁

【解説】荒井英治郎「47都道府県 注目の教育課題(長野県)」『教職研修』2016年11月号,127頁

 

雑誌『教職研修』の2016年11月号におきまして、「47都道府県 注目の教育課題」の一環として、「長野県」の状況を解説しました。

 

とりわけ、「一人ひとりの学びが生きる教育立県“信州”の創造」を理念とし、20年後を見据えて策定された「第2次長野県教育振興基本計画」のうち、平成28年度の基本方針を中心に重点施策を概観し、(1)学力の向上、(2)全ての子どもの学びの保障、(3)体力向上とスポーツの振興、を軸に個別施策の解説をしました。

 

(1)学力の向上としては、

・30人規模学級編制等の維持

・学習習慣・生活習慣の確立と基礎学力の定着

・「21世紀型教育」の推進

・英語コミュニケーション能力の育成

・ICTを活用した教育の充実

・「信州学」の推進

・長野県キャリア教育支援センターを核としたキャリア教育の推進

・科学技術人材の育成

 

(2)全ての子どもの学びの保障としては、

 ①困難や悩みを抱える児童生徒の支援策として、家庭の経済状況等に左右されない学習機会の保障、SSWの配置拡充と福祉・医療機関との連携支援体制の充実、学校生活相談センターでの電話相談、原則無料の学習支援(地域未来塾)の推進

 

②いじめを許さない学校づくりとして、教職員研修や相談体制の充実、学校・保護者間の連携協力の促進、子どもの自己肯定感の育成

 

特別支援教育の充実として、自立活動担当教員の増員と支援の充実、特別支援教育コーディネーターを核とする専門機関との連携や校内体制の充実、就労コーディネーターの配置と就労支援体制の強化等が推進されている。

 

(3)体力向上とスポーツの振興としては、

・長野県版運動プログラム(幼児期〜中学生期対象)の活用促進

・「長野県中学生期のスポーツ活動指針」に基づくスポーツ活動の発展

食育・体験学習の推進、スポーツ振興

 

 この他、長野県が提案する「信州教育スタンダード」や、知事部局との連携施策「長野県人口定着・確かな暮らし実現総合戦略〜信州創生戦略〜」に基づく「学びの郷 信州の創造」も、「信州教育」の今後の展開を左右するものとなりますので、ご注目ください。

 

 

教職研修 2016年 11月号[雑誌]

教職研修 2016年 11月号[雑誌]