桜満開

ついに松本(正確には南松本)も桜満開の時期になりました。

家の近くの弘法山の桜も今がまさに満開となっています。
冬が冬だっただけに、こういう景色は心安らぎますね。
ちょうど1年前に東京から完全引越しを果たしたのが、
4月12日でした。
その頃も付近の桜並木を見て感動したのを鮮明に覚えています。


さて、ブログのほうは、
年度当初のイベントづくしも関係してか、更新ができませんでした。
すいません。



そこで、ここ最近をフローバック。

まず、先週木曜日は、
午後に新入生を対象とした「教職ガイダンス」が行われました。
今年度は前後半2回行いまして、総勢参加者は400人くらいになりましたでしょうか。


そして、今週から授業もスタート。
火曜日の2時間目は、「教育行財政概論」の授業です。
この授業は、カリキュラム上は「選択必修」です。

裏番組に必修の授業があるので、参加者もあまり多くはないだろうと思っていたのですが、ふたを開けてみれば、30名の参加がありました。
(当初は1ケタかなと思っていたので驚きです・・・)

今年度のこの授業では、
1年生のみならず、高学年時の学生や留学生の方など
バラエティ富んでいるメンバーで面白いことになりそうです。

次週からどうぞよろしくお願い致します。


その他、ここ2週間ばかりは、
非常勤先でのレポートの採点が早速スタートしたり、
今週金曜日が初回であります非常勤先での授業準備をしたりと、
まさに繁忙期といったところでしょうか。

この非常勤は今年度は半期のみにしていただきました。
午前中の2時限目から5時限目までの4コマ連続に挑戦です(笑)
基本的には日帰りですので、
毎週金曜日の朝は5時代に起き、深夜に帰宅といった感じになりそうです。
まあせっかくの機会ですので、楽しくやれればと思っています。



【本日の一手】

米国都市学区における学校選択制の発展と限界―ウィスコンシン州ミルウォーキー市学区を事例に

米国都市学区における学校選択制の発展と限界―ウィスコンシン州ミルウォーキー市学区を事例に


研究室の先輩であります成松先生の博士論文が出版されました。
入手が遅れ、今頃の紹介になります。

以下目次は下記の通りです。

                                                                                      • -

序 章 本研究の課題と対象及び方法
 第1節 本研究の目的
  1.問題の所在
  2.先行研究の検討
 第2節 本研究の対象と方法
  1.対象の設定
  2.分析の方法と視点
  3.各章の構成

第1章 学校選択導入以前の伝統的公教育制度:近隣学校制
 第1節 市教委と近隣学校制度の成立
 第2節 1920年代から50年代まで:義務教育体系の整備期
 第3節 学区拡張と児童生徒の過密化への対応:1950年代から70年代まで
  1.黒人児童の激増と学区内の人種分離
  2.1960年代の補償教育の高まり
  3.人種統合と近隣学校制

第2章 1970年代における学校選択制度の導入
 第1節 人種統合のための学校選択:チャプター220とマグネットスクール
 第2節 チャプター220プログラム:州管轄による人種統合プログラム
 第3節 マクマリン教育長のマグネットスクールの構想
  1.制限のない高校
  2.オプションズ・フォー・ラーニング
 第4節 連邦司法裁判所による人種統合命令
 第5節 マグネットスクールの開始
  1.選択制プログラムの開始
  2.緊急学校援助法資金
  3.マグネットスクールの成果
 第6節 1980年代におけるマグネットスクールの危機
 第7節 現在のマグネットスクールの実践
  1.1999-2000年度のマグネットスクール
  2.現在のMSのプログラム
  3.MSの実践事例:エルム・クリエイティブアーツ小学校
  4.MSの実践事例2:ゴルダマイヤー小学校
 第8節 教育の質の担保:教育課程におけるスタンダード設定とアカウンタビリティーのシステム
 第9節 まとめ

第3章 1990年代:学校選択制のさらなる展開
 第1節 ミルウォーキー・ペアレンタル・チョイスプログラム:
     ミルウォーキー・ヴァウチャープログラム
  1.人種統合政策の限界と私学選択案の登場
  2.「ヴァウチャー案:の登場」導入と発展
  3.基準・スタンダード設定とアカウンタビリティ
  4.ヴァウチャー制参加校の事例
  5.分析:ミルウォーキー市のヴァウチャー制の特徴
  6.まとめ
  7.成果
 第2節 チャータースクール
  1.歴史と導入まで
  2.ミルウォーキー市公立学校のチャータースクールの開設申請
  3.MPSチャータースクールのスタンダードとアカウンタビリティ
  4.チャータースクールの革新性
  5.ミルウォーキー市学区CSの獲得した自治
  6.チャータースクールの学力向上効果
  7.まとめ
  チャータースクールのガイドライン
 第3節 オープン・エンロールメントプログラム:
     競争原理導入のための学区間学校選択
  1.歴史と導入の背景
  2.オープン・エンロールメント制のスタンダード
  3.考察とまとめ

第4章 学校選択制の意義と限界
 第1節 学校選択制の意義と限界
  1.限界
  2.意義
 第2節 公立学校の近隣学校政策への進化
  1.ミルウォーキー市の学校選択の特徴:負の要因
  2.ミルウォーキー市公立学校の近隣学校政策への進化

第5章 ミルウォーキー市公立学校の近隣学校計画
 はじめに
 第1節 ミルウォーキー市学区の新しいパラダイム:教育行政の分権化推進
  1.学校を基礎にした教員雇用
  2.学校を基礎にした予算
  3.チャータースクール化
 第2節 ミルウォーキー市公立学校近隣学校計画
  1.「近隣学校計画」の導入まで:ミルウォーキー近隣学校案
  2.近隣学校計画の内容
  3.近隣学校の事例
 第3節 「近隣学校計画」の様相
 第4節 まとめ

終 章 総括と展望


 資料 Mapping Out:ミルウォーキー市の学校選択の位置
  1.チャプター220プログラム
  2.マグネットスクール
  3.ヴァウチャー制:私立学校選択
  4.オープン・エンロールメント制
  5.チャータースクール

 参考文献リスト
 あとがき
 索引


                                                                                      • -

その他、学校選択系の書籍で書棚にあるものをピックアップ!


学校選択の自由化をどう考えるか

学校選択の自由化をどう考えるか

学校大改革 品川の挑戦―学校選択制・小中一貫教育などをどう実現したか

学校大改革 品川の挑戦―学校選択制・小中一貫教育などをどう実現したか

ポスト福祉社会の教育―学校選択、生涯教育、階級・ジェンダー

ポスト福祉社会の教育―学校選択、生涯教育、階級・ジェンダー

地域における新自由主義教育改革―学校選択、学力テスト、教育特区

地域における新自由主義教育改革―学校選択、学力テスト、教育特区

選ばれる学校・選ばれない学校―公立小・中学校の学校選択制は今

選ばれる学校・選ばれない学校―公立小・中学校の学校選択制は今

学校の選択

学校の選択

父母の教育権研究―イギリスの父母の学校選択と学校参加

父母の教育権研究―イギリスの父母の学校選択と学校参加

検証 教育改革―品川区の学校選択制・学校評価・学力定着度調査・小中一貫教育・市民科

検証 教育改革―品川区の学校選択制・学校評価・学力定着度調査・小中一貫教育・市民科

教育の政治経済分析―日本・韓国における学校選択と教育財政の課題 (成蹊大学アジア太平洋センター研究叢書)

教育の政治経済分析―日本・韓国における学校選択と教育財政の課題 (成蹊大学アジア太平洋センター研究叢書)

カリフォルニア州学校選択制度研究

カリフォルニア州学校選択制度研究

新しいタイプの公立学校―コミュニティ・スクール立案過程と選択による学校改革 (日日教育文庫)

新しいタイプの公立学校―コミュニティ・スクール立案過程と選択による学校改革 (日日教育文庫)

学校選択と学校参加―アメリカ教育改革の実験に学ぶ

学校選択と学校参加―アメリカ教育改革の実験に学ぶ

教育における分権と選択―学校・国家・市場

教育における分権と選択―学校・国家・市場

学区制度と学校選択

学区制度と学校選択

学校選択と教育バウチャー―教育格差と公立小・中学校の行方

学校選択と教育バウチャー―教育格差と公立小・中学校の行方