【書評】荒井英治郎「たかまつなな『政治の絵本—現役東大生のお笑い芸人が偏差値44の高校の得票率を84%にした授業』弘文堂」『月刊高校教育』2017年9月号,学事出版。

【書評】荒井英治郎「たかまつなな『政治の絵本—現役東大生のお笑い芸人が偏差値44の高校の得票率を84%にした授業』弘文堂」『月刊高校教育』2017年9月号,学事出版。

 

『月刊高校教育』2019年6月号に、今話題沸騰中のたかまつななさんの『政治の絵本—現役東大生のお笑い芸人が偏差値44の高校の得票率を84%にした授業』の書評を書かせていただきました。

 

 選挙制度は、代議制民主主義を躍動させるエンジンであることに変わりありません。
2015年6月に公職選挙法が改正され、選挙権年齢が20歳以上から18歳以上に引き下げられたわけですが、若者にとって、いざ投票用紙が送られてきたら、投票は義務・権利か、どこにどうやって投票すればいいのかなど、具体的な判断(意思決定)を迫られることになります。

 

 実のところ、こうした「唐突感」は、若者を動揺させるに十分なものです。

 

これに対して、この「絵本」は、迷える若者の背中をそっと押す「ユーモア」と「ユニーク」を散りばめたギフトになっています。

 

若者は、書(絵本)を持って「学校」から「社会」へ飛び出そう。これからの社会を作るのは、君なのだから。

 

ぜひご一読ください。

 

 

 

【研修】「現代日本の教育課題と教育行政に期待される役割」『新任教育委員研修』@長野上水内教育会館

【研修】「現代日本の教育課題と教育行政に期待される役割」『新任教育委員研修』@長野上水内教育会館

 

8月23日に、長野上水内教育会館にて、新任教育委員研修を担当させていただきました。

 

現代日本の教育課題や教育改革のトレンドの概説とともに、教育委員会制度の理念と改革論議、新制度下のポイントを解説させていただきました。

 

①現代の教育課題、教育改革を、どのように理解すべきか。

②現在、教育委員に期待されていることは、何か。

③教育委員を務める自治体は、どのような教育課題を抱えているのか。

④限られた任期の中で、重点的に取り組むべきこと、果たすべき役割は何か。

⑤期待される役割を果たすために、何から始めたらよいか。

 

教育委員としての初発の課題意識から、具体的に自治体レベルの政策論議につなげていく機会となればと考えています。

 

どうもありがとうございました。

【研修】「学校組織マネジメントとリーダーシップ」『高校新任教頭研修Ⅱ』@長野県総合教育センター

【研修】「学校組織マネジメントとリーダーシップ」『高校新任教頭研修Ⅱ』@長野県総合教育センター

 

 

8月8日に、長野県総合教育センターにおいて、高校新任教頭研修の講師の仕事をさせていただきました。

 

「変革期のスクールリーダーは、何を管理するのか?」という大きな問いから、
「スクール・コンプライアンス」や「スクール・リーダーシップ」についての議論を紹介し、ナイーブな「法令遵守」規範に囚われないコンプライアンスのあり方を提示させていただきました。

 

変革期のスクールリーダーには、
①組織管理能力

②組織経営能力

③組織開発能力

④指導・助言能力

⑤教育実践開発能力

⑥カリキュラム開発能力
などの力量が求められていると言われていますが、
いつから、どのような能力を、どのような方法で、習得していくか、具体的に構想する機会となればと願っています。

 

どうもありがとうございました。

【講演】「これからの松本市の教育を考える」『平成29年度松本市教育会 教育講演会』@松本市教育文化センター

【講演】「これからの松本市の教育を考える」『平成29年度松本市教育会 教育講演会』@松本市教育文化センター

 

8月7日に松本市教育会主催の教育講演会でお話しさせていただく機会を得ました。


「これからの松本市の教育を考える」という大きなタイトルでお話をさせていただきましたが、「教育界」の常識は「社会」の非常識と揶揄されることもある中で、日本の教育をめぐる「ナゾ」について話題提供をさせていただいた後、現代日本の教育課題と教育改革 ・社会構造の変化(国家財政の悪化、人口減少社会、知識基盤社会、第4次産業革命) ・家庭・地域の現在 ・子どもの現在(学力、学習意欲、自己肯定感、人間関係の希薄化、承認欲求) ・教職員の現在 など分節化して、現在の論点を提示させていただきました。

 

また、これからの松本市の教育を考える視点として、

・長野県教育の特徴

・資質・能力(学び続ける教員像)

・「教育県」から「学習県」へ

・「教育の街」から「学習の街」へ

と私なりの考えを示させていただきました。

 

教職員の「多忙感」を「充実感」(責任感、達成感、安心感)へと転換させてながら教職員が自身のキャリアを展望していけるように、引き続き尽力していきたいと考えています。 どうもありがとうございました。

【研修】「これからの学校事務職員の職務のあり方を考える」『松本市小中学校事務研究会夏期研修会』@松本市合同庁舎

【研修】「これからの学校事務職員の職務のあり方を考える」『松本市小中学校事務研究会夏期研修会』@松本市合同庁舎

 

ご報告が遅れましたが、7月31日に、松本市小中学校事務研究会主催の夏期研修会(@松本市合同庁舎)の講師の仕事をさせていただきました。


「これからの学校事務職員の職務のあり方を考える」というタイトルのもと、
午前中は、「チーム学校」論と学校事務職員の役割に関して、

午後は、働き方の定点観測とともに、学校組織における学校事務職員の役割に関して、
グループワークを活用しながら、議論を進めさせていただきました。

 

「学校事務職員」を考えることは、「他の教職員」を考えることであり、 また、「学校のマネジメント」を考えることでもあり、 そのことは、「学校のミッション・ビジョン」を考えること、 ひいては、「学校のあり方」そのものを考えることだと考えています。

 

引き続き、学校事務職員も含めた、学校教職員の働き方のあり方を考えていきたいと感じています。どうもありがとうございました。  

 

【研修】「学校組織マネジメントとスクールコンプライアンス」@上越市立教育センター

「学校組織マネジメントとスクールコンプライアンス

 

上越市教育センターにおいて校長・教頭・生徒指導主事を主とした対象の悉皆研修として、「スクールコンプライアンス研修」を担当させていただきました。

 

「学校組織マネジメントとスクールコンプライアンス」とのタイトルの下、

コンプライアンス法令遵守なのか?

・「学校組織マネジメント=「(教育)法的思考」 +「(教育)実践的思考」の公式を成り立たせるために必要な条件は何か?

 

など、

様々なグループワークやケース・メソッドを取り入れながら体感していた高きました。

 

7月下旬から8月中旬にかけて教育関係者の前でお話する機会が続きます。
常に新鮮な気持ちで取り組んでいきたいと思っています。

【講演】「新学習指導要領と教職員の働き方改革」@大北市町村教育委員会連合協議会

【講演】「新学習指導要領と教職員の働き方改革」@大北市町村教育委員会連合協議会

 

6月29日に大北市町村教育委員会連合協議会主催の研修会におきまして、

「新学習指導要領と教職員の働き方改革」と題した講演をさせていただきました。

 

 

長野県における大北地域とは、①大町市、②池田町、③松川村、④白馬村、⑤小谷村となります。

 

 

当日は、教育委員会関係者のみならず、大町市を主とした学校の管理職の先生方も参加いただきました。

 

以下の点について、論点を整理させていただきました。

 

●「教育」を取り巻く環境の変化

●「学力」をめぐる現状

●新学習指導要領のポイント

●教職員の働き方改革

 

 

今年度から大町市を主として業務改善関係のお手伝いをさせていただくことになっていますので、これを機会にこちらとしても多くのことを学ばさせていただいたいと思っています。