【対談】「学校は、なぜ変われないのか」@平成の松下村塾

【対談】「学校は、なぜ変われないのか」@平成の松下村塾

 

2月18日は、 伊那市立伊那中学校の校内研修の後に開催された「 平成の松下村塾」 にて伊那中学校の武田校長と対談させていただく機会を得ました。

 


こちらの話題提供のテーマは、
---------
「学校は、なぜ変われないのか」
---------
です。


以下の観点から、 参加者の皆様に論点を提起させていただきました。


●学校は、なぜ変われないのか
・「業界全体」として、変わろうとする機運がない。
・「組織(学校)」として、変わる必要性を感じていない。
・「一個人(教員)」として、変わる必要性を感じてない。( そのこと自体を考える余裕がない)
・そもそも、なぜ変わらなければならないか、どのように、 変わらなければならないか、が共有されていない(ビジョン・ ミッション・ストラテジーの共有)


●教育業界の「言い訳」のオンパレード
・国(政治家)の姿勢
文科省の政策(学習指導要領、教職員定数の改善)
・県教委、市教委の政策
・管理職、同僚、ベテラン層、中堅層、若年層のせい
・業務量の多さ(時間のなさ)
・予算がない、権限がない
・部活のせい
・子どものせい・親のせい・地域のせい
・前例がない(そんなやり方はしたことがない)
・今までどおりで何が悪い
→人・予算を増やせば、うまくいくという「幻想」→思考停止


参加者の皆さんからも非常に貴重なご意見をたくさん頂戴し、
私としても有意義な時間となりました。


ご参加いただいた皆様、どうもありがとうございました。

 

【校内研修】「学校の働き方改革と校内OJT活性化」@ 長野県伊那市立伊那中学校

【校内研修】「学校の働き方改革と校内OJT活性化」@ 長野県伊那市立伊那中学校

 


2月18日には、伊那市立伊那中学校の「校内研修」 でお話をさせていただく機会を得ました。


前半は、教職員がグループを編成した上で「 ライフラインチャート」を使ってリフレクション。その後、 私のほうから「学校の働き方改革と校内OJT活性化」 と題したお話をさせていただきました。

 


話の骨子は以下の3つ。


--------
1.学校を取り巻く社会環境の変化
2.学校における働き方改革のこれまでとこれから
3.学校におけるOJTのこれまでとこれから
--------


本来の学びや成長することは嬉しいこと、 楽しいことのはずですが、校内研修のイメージといえば、
①「とにかく大変!」  
②「よけい忙しくなり、ますます余裕がなくなるばかり」
③「もっと帰るのが遅くなる」
などがネガティブなものが多くを占めてしまっている現状があるこ とかと思います。


これに対して、「何のための校内研修か?」、「校内研修の「 活性化」の先にあるものは何か?」 を考えていただけたらと思い様々な話題を提供させていただきまし た。


・「キャリア」は、簡単に貯まっていくものではない。
・「キャリア」は、手間暇かけて、自分で/他人と協働しながら、 育てていくもの。
・「失敗」と「成功」を繰り返しながらでしか、人は成長しない。
・能力は持っているだけでは意味はなく、 発揮してはじめて意味を持つ。


とても貴重な機会に、こちも多くを学ぶことができました。
どうもありがとうございました。

 

【調査報告】「信州大学松本キャンパス大学生活アンケート2019」の結果概要

このたび、信州大学生を対象としたアンケート調査として、「信州大学松本キャンパス大学生活アンケート」を、私が顧問を務めている「 信州大学地域参画プロジェクトCHANGE」 とともに行いましたので、ご報告いたします。

 

当該アンケートでは、次のような結果が得られました。

 

まず、松本市の「交通」面での評価(道が狭い、舗装状態が悪い、 混雑)は例年厳しい結果となっており、 1年程度しか居住していない学生にとっても課題視されています。 他方、その他の政策分野(環境、教育・子育て、文化など) に関しては総じて満足度が高い結果となっています。

 

また、 松本市の政策に対する認知度の低さは引き続き課題であるほか、 選挙関係では、住民票の手続きをしている学生は少なく、 構造的なものとなっています。従って、「投票方法・場所の改善」 「既存の投票制度の改善」「若者向けの政策の充実」 といった取り組みが要望されています。

 

地方統一選挙や参議院選を控えていますが、18歳選挙権時代、 18歳成人年齢時代において主権者教育のあり方を改めて考えてい かねばならないと感じました。

 

今回のアンケートは、2017年、 2018年に続き3年目のものとなりますが、引き続き、 この種のアンケートを行いまして、若者の定点観測、大学生の「 生態」分析ををして参りたいと思っております。

f:id:araieijiro:20190218130118j:imagef:id:araieijiro:20190218130125j:image

具体的なデータにご関心がある方は個別にお問い合わせください。

【講演】「なぜ、カリキュラム・マネジメントかー学校事務職員に期待される役割を考えるー」『下伊那地区小中学校事務職員冬期研修会』

【講演】「なぜ、カリキュラム・マネジメントかー学校事務職員に期待される役割を考えるー」『下伊那地区小中学校事務職員冬期研修会』


2月7日に、下伊那地区小中学校事務職員冬期研修会の場で、「なぜ、カリキュラム・マネジメントかー学校事務職員に期待される役割を考えるー」と題した講演をさせていただく機会を得ました。


今回の講演の「問い」や「キーワード」は、次の通りです。
---------------------
・学校事務職員が、「カリキュラム経営」を支援することは、どういうことなのか?
・支援の方法には、どのような種類・選択肢があるのか?
・学校事務職員ができるカリマネ支援は、果たして、財務的アプローチだけか?
・教育活動に必要な「人的・物的資源等」とは何を指すのか?(人材・予算・時間・情報・教育内容)
・教員が取り組む「授業改善」に対する、アンテナの感度をどのように磨いていけるか?
---------------------

最後は、
①今後求められる「教育事務」のあり方
②教育事務の合理化・効率化を目的とした分業・協業体制の構築
③教育事務の高度化を目的とした体制のあり方
などに関しても意見交換させていただき、こちらも教育事務システムの制度設計の展望がクリアになってきました。


それにしても、会場の「下伊那教育会館」は、登録有形文化財ということもあって、醸し出される荘厳な雰囲気は、たまりませんでした。お隣にあった「下伊那教育会土蔵」も幕末以降の教育資料を収蔵していますので、今度はぜひじっくりとみなさせていただこうと思います(http://bunka.nii.ac.jp/heritages/detail/209864)。

ご参加いただいた学校事務職員の皆様、お疲れ様でした。

 

【地域連携】白馬高校プレゼンテーション交流会@信州大学松本キャンパス

 

2018年の夏のPBL合宿で交流した白馬高校生が、2月6日に信州大学を訪れてくれました。

高校1・2年生の合計16名が、午前はキャンパスを見学、ランチは学食で、そして、午後は私の集中講義「教育学概論」の授業に履修学生とともに参加してもらいました。1コマではありましたが、とても和気あいあいとした雰囲気で様々なグループワークに取り組んでいいただけたので、こちらとしても楽しい時間を過ごせました。

 

後半は、「プレゼンテーション交流会」ということで、「20年後の理想の社会実現に向けて、自分がやってみたいこと」をテーマに、グループごとに発表してもらいました。

 

キャリアは、手間隙かけて育てていくものですが、こうした日常の一コマが、少しでも有意義な時間となれば幸いです。

 

【地域連携】篠ノ井高校プレゼンテーション交流会@篠ノ井高校

【地域連携】篠ノ井高校プレゼンテーション交流会@篠ノ井高校

 

12月13日に、篠ノ井高校にお邪魔してプレゼンテーション交流会をしました。

今年度2回目のプレゼンテーション交流会でしたが、
前回は本学にご足労いただきましたので、今回は大学生とともに高校に訪問させていただき、
高校生8組によるプレゼンテーションを見させていただきました。

プレゼンのテーマは、以下のようなものです。
---------------
軽井沢町と高山村の比較
・長野県最北端・最南端の飯山市根羽村の比較
・人口変化と未来の課題
・長野県諏訪市花火大会の集客力
・京都と長野の比較
長野市松本市の伸びしろ
・日本の発酵食品
・JENESYS2018事業紹介
---------------

こうした取り組みはこちらとしては地域連携や高大接続の一環として位置付けていますが、大学生にとっても自分自身の「現在」を振り返るきっかけとなったと思います。

 

私の方からは若干のコメントと、プレゼンテーションの「いろは」に関してお話しさせていただきました。

 

今後の探究的な学びの展開を楽しみにしています。

どうもありがとうございました。

【講演】「これからの学校危機管理のあり方を考えるーネット・トラブルと学校安全ー」@長野市上水内中学校生徒指導主事会・北信高等学校生徒指導委員会(長水支会合同中高生徒指導連絡協議会)

【講演】「これからの学校危機管理のあり方を考えるーネット・トラブルと学校安全ー」@長野市上水内中学校生徒指導主事会・北信高等学校生徒指導委員会(長水支会合同中高生徒指導連絡協議会)

 

 

12月13日に、長野市上水内中学校生徒指導主事会・北信高等学校生徒指導委員会からお声掛けいただきまして、長水支会合同中高生徒指導連絡協議会の場で講演をさせていただきました。

 

テーマは、「これからの学校危機管理のあり方を考えるーネット・トラブルと学校安全ー」です。

 

今回は、ネットトラブルと学校安全の2本柱に焦点を当てながら、学校危機管理のあり方に関してお話をさせていただきました。

 

過日、長野県教育委委員会が2018年11月28日に公表しました調査結果によりますと、高校生の3割がネット依存の傾向を自覚していること、「写真や動画の投稿」の利用が高校生を中心に増加していたことが明らかになっています。

 

とりわけ、以下の点がポイントとしてあげられておりますが、こうした調査結果に対して学校現場がなしうること・なしえないことを考えるきっかけとなったらという思いでお話しさせていただきました。

------------------
①機器の長時間使用とネット依存の状況がある。
・児童生徒は保護者の認識以上に長時間使用している。特に、高校生の約半数が3時間以上使用しており、深夜の使用も多い。
・児童生徒の中にはネット依存の傾向を自覚するものがいる。特に、高校生については約3割に上る。
②使用機器の低年齢化が進んでいる。
スマートフォンの使用は、小学生・中学生で増加している。中学生では5割を超えている。
③「写真や動画の投稿」「写真の交換」は、高校生を中心に増加している。
・「写真や動画の投稿」は、特に高校生女子で多く、保護者との認識と差がある。
・ネット上だけでの知り合いとの「写真の交換」は、どの年齢(学年)でも増加している。
------------------

また学校安全に関しては、いくつかの判例を紹介させていただきながら、
判決を左右させた学校の取り組みを紹介させていただきました。

 

みなさま熱心に聞いていただきありがたい限りでした。どうもありがとうございました。