【講演】「これからの学校危機管理のあり方を考える」@佐久学校事務研究協議会秋期研修会

【講演】「これからの学校危機管理のあり方を考える」@佐久学校事務研究協議会秋期研修会

 

11月13日、佐久市教育会館にて、佐久学校事務研究協議会の秋期研修会の場でお話しさせていただく機会を得ました。

 

テーマは、「これからの学校危機管理のあり方を考える」です。

 

「果たして、危機管理能力は、自然と身につくものなのか」という問いに対して、「整理」と「整頓」、「準備」と「用意」との違いから、学校危機管理の基礎・基本を捉える視点を提案させていただきました。

 

他の都道府県では、学校管理職と学校事務職員とがともにマネジメント研修等を受けるということが多くなっていることもありまして、今回は、あえて学校管理職向けの研修内容を学校事務職員風にアレンジをして内容を再構成してみましたが、やはり学校事務職員独自の視点について、教育業界はもっともっと吸収すべきだと感じました。

 

ご参加いただいた皆様どうもありがとうございました。

f:id:araieijiro:20181105120620j:plain