【論考】荒井英治郎「『18歳選挙権時代』の若者と地域連携ー『有権者』から『主権者』へ、『政治参加』を『地域参加』『社会参加』からー」長野の子ども白書編集委員会編『長野の子ども白書2017』2017年,30-31頁


荒井英治郎「『18歳選挙権時代』の若者と地域連携ー『有権者』から『主権者』へ、『政治参加』を『地域参加』『社会参加』からー」長野の子ども白書編集委員会編『長野の子ども白書2017』2017年,30-31頁

 

 

『長野の子ども白書2017』に、寄稿させていただきました。
主に5本柱で構成されています。


————————————————————
●「18歳選挙権時代」の到来

●未完のプロジェクト:「有権者」から「主権者」へ

●「生の政治」と向き合う:投票の「量」から「質」へ

●「政治的教養」の涵養:「政治参加」を「地域参加」「社会参加」から

●高等教育機関の課題と地域連携
————————————————————

 

これまで「18歳選挙権」関係の仕事は、研究というよりは社会貢献あるいはアウトリーチ的な位置付けて行ってまいりましたので、文字化することはほとんどありませんでしたが、ちょう18歳選挙権時代の到来から月日がある程度経過したこともありまして、これまで考えてきたこと、そしてこれから考えていきたいことなどをまとめさせていただきました。

以下の目次にありますように、私の論考はともかく他の論考は長野の「現在」を知る上でとても有益な情報が満載かと思います。
ぜひご一読ください。

https://naganonokodomo.jimdo.com/本書の内容/
https://naganonokodomo.jimdo.com