【報告書】信州大学免許更新支援センター『文部科学省委託事業「平成26年度免許更新制高度化のための調査研究事業」報告書』平成27年3月

文科省から委託を受けた事業の報告書が完成しましたので、ご報告します。

 

今回所属先が文科省から委託を受けたのは、
教員免許更新制の需要把握及び効果検証に関する調査研究事業の(2)平成26年度の免許状更新講習の場を活用した需要調査・分析事業
と、Ⅱ.現代的な教育課題に対応するための実践的な講習内容・方法の研究開発事業です。


調査研究の概要は、下記の通りです。

--------------------------------------
平成21年度から実施している信州大学教員免許状更新講習では、人文・教育・経済・理・医・工・農・繊維の各学部と全学教育機構のすべてが講習を開講しており、それぞれの講習内容や教育方法については、教員免許更新支援センターが、各担当教員に対して、個別の支援を行うことで、現職教員の意識と大学での講習との間に発生するであろうミスマッチを最小限に抑える努力をしてきている。また、年を追うごとに本講習に対する受講者の意識の高まりに対応すべく、昨年度より事前・事後のアンケート分析をシラバスや使用教材の分析も連動させて行い、分析結果等を担当教員にフィードバックする作業を充実させてきている。

 

そこで、本研究では、これまでのデータ分析等では、見えてこない受講者自身の「教員としての資質向上に関する学びの意識」、講習担当大学教員の「授業力向上」、「現代的な教育課題への対応」等について、本年度実施する必修ならびに選択講習において、通常のアンケートに加えて文部科学省が設定する調査項目及び大学等が独自に設定する調査項目についてアンケート調査を行い、受講者の実態を探るとともに、今後の交渉の従事のあり方を探った。

 

また、平成25 年度までに免許状更新講習修了者に対して、受講した講座内容等に対す
る感想と、受講後の様子についてアンケートを実施し、免許羽状更新講習が教師のキャリア形成にどのような成果をもたらしているかを探った。
さらに、現代的な課題であり、本学の講習でも希望者の高いカウンセリングに関する講習の充実のため、デジタル教材を作成した。成果は、全国どこで利用できるようにweb上等で公開するなど、新たな内容として提言していく。
--------------------------------------


目次は、下記の通りです。

--------------------------------------
Ⅰ.免許更新制高度化のための調査研究の内容・方法・組織
Ⅱ.教員免許更新制の需要把握及び効果検証に関する調査研究
 1.文部科学省平成26年度免許状更新講習受講者アンケートから
 2.信州大学版必修講座に関するアンケートから
 3.受講後実施する通常アンケートの経年分析から
 4.更新修了者に対するアンケートから
 5.選択講習受講者へのアンケートから
Ⅲ.現代的な教育課題に対応するための実践的な講習内容・方法の研究開発
--------------------------------------

当該研究報告書には、ビデオ教材として、
「カウンセリング方法」も添付してあります。


後にweb等を通じて公表される予定ですが、ご関心のある方はご参照ください。