【いただきもの】『教育委員会制度論―歴史的動態と<再生>の展望』

三上昭彦『教育委員会制度論―歴史的動態と<再生>の展望』エイデル研究所

教育委員会制度論―歴史的動態と“再生”の展望 (明治大学人文科学研究所叢書)

教育委員会制度論―歴史的動態と“再生”の展望 (明治大学人文科学研究所叢書)

 

三上昭彦先生から送っていただきました。

どうもありがとうございました。

 

目次は下記のとおりです。

 

-------------------------------------

【目次】(「BOOK」データベースより)
第1章 戦後教育改革と教育委員会制度の創設ー占領下での民主的制度設計の模索/第2章 公選制教育委員会制度の歴史的動態ー「未知」の制度と主体の「未成熟」/第3章 教育委員会制度の大改編ー地方教育行政法体制の確立と特質/第4章 任命制教育委員会制度の歴史的動態ー「定着」と「形骸化」/第5章 教育委員会制度の活性化政策ー「形骸化」と「活性化」の諸方策/第6章 教育委員準公選制の展開と到達点・課題ー東京・中野区の自治的試み/第7章 教育長・教育委員の公募制の展開と課題ー福島三春町から全国へ/終章 教育委員会制度の「再生」-その課題と展望

-------------------------------------

 

出版社のHPの紹介文は下記のとおりです。

---------------------------------------

戦後日本における教育委員会制度の紆余曲折に富んだ60年余の歴史的動態と経験を踏まえた上で、近年の制度改革をめぐる政策論議(教育委員会の活性化論、任意設置論、機能縮小論、廃止論など)への批判的検討、「新しい教育委員会制度」「新しい公選制」等の改革提言を行った力作。

---------------------------------------

 

6月末には出版記念の催しもあるようでして、招待状をいただきました。

 

同封の『明治大学教職課程年報』第35号は、

「三上昭彦先生退職記念号」となっております。