幼稚園の体験教室と研修

 

今日は松本は冷え込み、春とは思えない温度でした。

 

さて、昨日の午前中は、息子の幼稚園の体験教室に参加。

昨日行った幼稚園の特徴は、

・広大な土地

・動物の数

・遊具の数

・園児の数

が特徴的なところです。

来年4月には園児になるわけですが、現在3つの候補をピックアップしています。

 

そして、午後は長野市の教育センターにいって、研修を傍聴させていただきました。

昨日傍聴させていただいたのは

「教育実習を活用したOJT型校内研修」というものです。

 

得てして「負担」を感じてしまいがちな教育実習をOJTの研修として活用しようというものです。

・自身の通常授業への参観を活用すること

・自身の教育実践における「クセ」を考えてみること

・同僚性を生かした校内研修を教育実習の場でも活用すること

・「指導」と「研修」の一体化を図ること

・教育実習は取得免許の教科のみならず全ての教科を対象とすること

などがポイントであったかと思います。

 

・研究授業はそもそも何のために行われるべきか。

・教育現場における「暗黙知」をどのようにバーバル化するかなど

考えさせられました。