巣篭り後

先週1週間の巣篭り作戦は巧をせいし、仕事ははかどりました。
感謝です。



本日は、
専門外ではありながらお引き受けした依頼原稿を提出し、
午後は、オーラルのテープ起こしの編集とGプロでした。

日が当たらない研究室はいまだ寒いと感じます。



【本日の一手】

①「太田直子教授追悼」『人文学報』第441号

大田先生の「お別れの会」に参加したということもあり、送っていただきました。
抜き刷りの中身は、
太田直子「教育と不平等―新しい理論的地平」
・乾彰夫「お別れの言葉」
太田直子教授 略歴/著作目録
の3部構成です。


②『東京大学大学院教育学研究科教育行政学論叢』第30号

所属研究室ということで送っていただけたようです。


③『放送大学大学院文化科学研究科教育行政研究』第1号

指導教官の小川正人先生から送っていただきました。


北海道大学大学院教育学研究院教育行政学研究グループ『公教育システム研究』第10号

北海道大学の横井敏郎先生から送っていただきました。

神戸大学教育学会『研究論叢』第17号

神戸大学の湯田拓史先生から送っていただきました。



以上、この間、送っていただいた報告書等です。
どうもありがとうございました。



現代アメリカ政治と公共利益―環境保護をめぐる政治過程

現代アメリカ政治と公共利益―環境保護をめぐる政治過程

アイディアの概念を活用したものとして書棚からピックアップ。


その他、届いたもののいくつかを紹介。