教育制度・政策論

昨日・今日と二日間に渡り、「教育制度・政策論」の集中講義。


総勢50名弱の学生の皆さん、そして、現職の教職員の方々、お疲れさまでした。

朝から夕方で、びっちり二日間でしたが、いかがでしたでしょうか。


今年は、オリエンテーションの後は、


【1日目】

○公立学校の信頼と不信の要因


○教育の構造改革の狙いと政策案


学校評価政策


【2日目】

○学校参加政策


○教育課程政策


○教育と仕事


などをテーマに扱いました。


途中途中では、ミルトン・フリードマンらによるバウチャー構想、アルバート・ハーシュマンの退出・発言・忠誠による改革のありようについてや、ショーンの反省的実践家などの紹介を織り込みました。



また何回かディスカッションを取り入れましたが、いかがでしたでしょうか。


この授業は、農学部、理学部、人文学部、繊維学部、工学部と多様な学生さんが参加してますから、色々な意見交換ができたのではないかと思っています。

明日は、同様のスケジュールで、「教育法規概論」となります。どうぞよろしくお願いします。