制度と「制度」

日本教育行政学会@広島は、無事に終わりました。

といっても往復の「しなの」の揺れには、本当に悩まされました。
あの揺れでは、どんなに気持ちが強くても仕事はできませんね。
1時間後には目の前がくらくらしていました。

今は科研の申請書(参加することに意義がある?)や業績評価書などの提出や各種原稿の〆切が相次いでいて、それを各地キャンパスの移動時間に作成したりする日々です。

今日はようやくまとまった時間がとれましたので(本当に幸せです)、
来月の学会発表の準備に着手です。
大枠のイメージはできてきましたので、あとは細かいことを詰めるのみです。
といっても、それがなかなか大変で、今週も休日出勤となりそうです。
妻には本当に迷惑ばかりかけていて。。。

明日は、上京して非常勤ですが、
妻も仕事があるため、早朝に車で松本を出発し、深夜に帰宅予定です。

ドライブで気がまぎれればいいですが、往復8時間はさすがに体に影響を及ぼしそうです。


【本日の一手】

教育行政の政府間関係

教育行政の政府間関係

現代日本の国家と市場―石油危機以降の市場の脱「公的領域」化

現代日本の国家と市場―石油危機以降の市場の脱「公的領域」化

戦後日本の市場と政治

戦後日本の市場と政治


レジュメ準備に再読。改めて読むとまた色々な気付きがあります。